Top

ごあいさつ

 

平素は皆様方に格別のご愛顧を賜り厚く御礼申し上げます。

私どもは安政2(1855)より織物業として創業、「お守り袋」の基本の型を考案し、数多くの神社・寺院様で認知して頂き、今日の「お守り袋」そのものの形を完成し、現在に至っております。

現在弊社では、日本のこころのよりどころとも言える「縁起物」を中心に授与品・絵馬をはじめ、土鈴や絵馬・神具・撤下品・記念品・祭事品など、多種多様に取り扱っております。また「お守り袋」の形も多くの種類がうまれました。

 

新しいものを取り入れていくことの必要性、古き良きものを大切にしていくことの重要性を考えながら、更なる技術・商品開発に取り組んでまいります。皆様方のご支援、ご助言を引き続き賜りますようお願い申し上げます。

 

株式会社 秋江

代表取締役社長 秋江 弘一

 

 

 

 

会社概要

会 社 名

株式会社 秋江

代 表 者

代表取締役 秋江 弘一

創    業

安政2年(1855年)

会社設立

昭和33515

資 本 金

1000万円

事業内容

神社仏閣用 授与品・縁起物の製造ならびに加工販売

所 在 地

京都市上京区堀川通上立売下ル北舟橋町835番地

連 絡 先

(代) 075-432-2255 FAX 075-441-8011

 

 

 

会社沿革

安政2

初代 秋江啓忠が現在の場所において織物業を創業   商号 秋江商店。

その後、二代目秋江義三郎が現在の「お守り袋」の基本形を考案し全国に広める

昭和33

会社設立。秋江織物株式会社となり、初代社長に秋江喜八郎が就任

昭和55

滋賀県高島郡に新工場建設 量産体制を整える

昭和56

秋江織物株式会社・販売部を分離独立し、株式会社秋江を設立

昭和63

製造・販売両者を株式会社秋江に統合

平成10

デザイン企画室を開設

平成25

本社新社屋完成

               

               

 

営業時間のご案内

1月〜8

土・日・祝日を除く8301700

9月〜11

土(第24)・日・祝日を除く8301730

12

日・祝日を除く8301730

Top